店舗の新規開店・改装を無事に済ませたい!店舗デザインで求められるポイントなどを紹介

新規開店・改装するときには店舗デザインが重要です。
このサイトでは、そんな店舗のデザインに関するポイントなどを紹介しています。
店舗のデザインで重要なのが、コンセプトに合っているかという点です。
アットホームな飲食店を作りたいならオープンキッチンにする、高級感を出したいならクローズドにするなどの工夫をすることが求められます。
照明によっても回転率が変わります。
ほかにも、スタッフや顧客が動きやすい動線なども考えることが大切です。

店舗の新規開店・改装を無事に済ませたい!店舗デザインで求められるポイントなどを紹介

新規開店・改装をするときに重要なことの一つが店舗デザインです。
店舗デザインをするときに求められるポイントとしては、店舗のコンセプトに合っているかが重要となります。
アットホームな飲食店ならオープンキッチンにする、高級感を出したいならクローズドキッチンにするなどの工夫が良いとされています。
また、照明も重要で回転率を上げたいのであれば明るく、一人当たりの単価を重視するなら暗めに設定します。
そのほか、スタッフや顧客が動きやすい動線なども考慮することが大切です。

店舗デザインが店舗経営にもたらす影響について

店舗デザインは店舗経営にも非常に大きな影響をもたらすものであり、その質によって集客力や売り上げが大きく変化するため注意をしなければなりません。
店舗デザインが目的とするテーマには大きく分けて2つのものがあり、それは集客と店内の顧客の滞留時間と言うポイントになります。
集客力は外から店内を見たときに来店したくなるような雰囲気を醸し出すことが求められており、気軽に入れるものでありながら強い興味を引くものであることがポイントとなっています。
店内に入店した顧客をできるだけ長時間滞留させ、様々な商品をじっくりと見せるための工夫も店舗デザインでは重要な要素です。
商品を美しく見せるための配色やレイアウトだけではなく、多くの顧客が来店した場合でもその動きをスムーズにするための動線を十分に考慮して確保することで、顧客が楽しみながら店内に留まることができる雰囲気を醸し出すことが重要となります。
これらの要素を十分に考慮しないと、店舗の売り上げに大きな影響を及ぼすため注意をしなければなりません。

店舗デザインに求められる役割について

将来的に店舗デザインを考えているならば、しっかりと役割を果たすことが重要なります。
果たして店舗デザインの役割とはどのようなものかと言えば、お店の方向性を決定づけることが1つ考えられるかもしれないです。
例えば、あまり魅力的でないデザインであれば、そのお店の価値がよくわからない状態でお客さんがやってこないでしょう。
また、例えば高級な店を目指すならばピンクなどの色ができるだけ使わない方が良いです。
青い色やピンクなどは活発なイメージを表すかもしれませんが、決して高級とは相容れないものがあります。
そのように考えるならば、あえてブラックやパープルといった少し暗めの色で高級感を表すものを利用してみるのが良いかもしれません。
人によっては、奇抜な色を好むケースもあります。
このときには、できるだけ奇抜な色は避けるべきですが、それがお店の方向性と一致している場合には問題ありません。
自分の目指すお店の方向性と近い店舗に実際に足を遊んでみて、どのような配色をしているのかを見てみると良いかもしれないです。

店舗デザインを決めるアイディアを集める方法

店舗デザインを決めるためのアイディア集めは、さまざまな観点を考慮に入れておこなう必要がありますが、もっとも大切なのが、店のコンセプトをはっきりさせておくということです。
その軸がぶれてしまうと、情報集めも分散しやすく効率的にはいきません。
コンセプトを決めたら、同業種で自分の店と似たコンセプトを持つ店をチェックして、どんな傾向があるかを調査しましょう。
ただし、その際は、人気店を中心にピックアップするのが重要です。
おおまかなコンセプトの次にやることは、ディテール部分での情報収集です。
具体的には、照明・配色・レイアウト等で、今何がトレンドなのかを意識しながら、自店でこだわりたい点とすりあわせていきます。
店舗デザインというのも、やはり流行があります。
よほどの老舗でない限りは、トレンドを意識した店づくりをすることで集客効果が生まれることも多いです。
店舗デザインの参考例は、WEBやインテリア雑誌などを参考にすることも出来ますが、実際の空間を見るのとではイメージが異なることもあります。
したがって、多くの参考例を見たうえで、実店舗を見学するのがおすすめです。

店舗デザインの専門業者を選ぶポイント

店舗デザインは集客力や売り上げを大きく左右させる大切なデザインになるので、専門業者を選ぶ際にも十分に比較検討をすることは必須です。
店舗デザインの会社を選ぶ際に欠かせないポイントは、過去の事例を参照することをあげられます。
事例となるデザインを施しているのかどうかが一切分からない状態では依頼するには情報不足になり、後から後悔してしまうリスクがあります。
この問題は多くの会社で自社のホームページ内で過去の事例を沢山の写真で紹介をしていることが多いので、お店のコンセプトに合うデザインの事例を探したり、逆に新しい発見をすることもできるので多くの事例写真を確認すると万全です。
後は坪数や使う資材や機材による料金プランの違いを確認することもポイントになり、事前にいくつかのパターンのデザイン画を作成し、提案をしてくる専門業者であれば非常に安心できる仕事を行っていると判断できるのではないでしょうか。
このデザインはグラフィックソフトを使って作成をしていることが多いのですが、複数のパターンの提示で選んだ店舗デザインであっても、依頼者側で一部変更やカラー変更など完全に納得できるまで作り直しを行う会社も選ぶべきポイントです。

に関する情報サイト
店舗デザインに関するポイント

新規開店・改装するときには店舗デザインが重要です。このサイトでは、そんな店舗のデザインに関するポイントなどを紹介しています。 店舗のデザインで重要なのが、コンセプトに合っているかという点です。アットホームな飲食店を作りたいならオープンキッチンにする、高級感を出したいならクローズドにするなどの工夫をすることが求められます。照明によっても回転率が変わります。 ほかにも、スタッフや顧客が動きやすい動線なども考えることが大切です。

Search